思わず読んでしまった・・・

仕事先の学校は今読書週間。
私も1冊と思って手に取った絵本がこちら。
ビアトリクス・ポターのおはなしビアトリクス・ポターのおはなし
作・絵:ジャネット・ウィンター / 訳:長田 弘 / 出版社:晶文社絵本ナビ
支援員なのを忘れて
15分間没頭して読んでしまいました・・・

「ピーターラビット」で有名な
ビアトリクス・ポターの自叙伝的な絵本。

彼女の生い立ちや絵にのめり込んでいく話が
語り口調で描かれています。

世界中で今でもなお愛されているピーターラビットが
どのようにして生まれたか
分かりやすく書かれていて面白かったです。

教育熱心な両親だったとはいえ
決して幸せとは言えない生い立ちだったようです。
そんな孤独と寂しさがピーターを生んだのです。

自分は不幸せだと思っていたのが
中年以降、誰もが尊敬するアーティストになっていたなんて
神様ってすごいギフトを贈るのですね。

誰のためでもなく、自分のために楽しんで
ピーターラビットを描いていたようです。

15分くらいで読めます。
挿絵の人と、翻訳が長田弘の組み合わせで
他にも絵本があるようです。
探してみようかな。

長田弘さんは詩人としても好きです♪
[PR]
by ikechan-sy448 | 2011-11-10 19:01 |